FC2ブログ

お久しぶりです、ガンプラ。バンダイのトリコロールに甘えて/「エントリーグレード RX-78-2 ガンダム」編

DSC_0569.jpg
 パーフェクト。薄い緑が入った白、美しい青と赤。透けのない黄色。ガンダムのトリコロールはプラスチックの色である「成型色」に思いっきり甘えることもできる。全塗装は「自分の気に入った色で塗りたい時の楽しみ方」で、手軽にかっこいいガンプラを作るなら「思いっきり成型色を活かす」。そんな風に楽しみ方をキッパリ分けても、到達するクオリティは「満足」というところまで行けるのだ。
DSC_8217.jpg
 だから今回はバンダイのトリコロールに甘えて、白・青・赤はつや消しスプレーを吹くのみとして、プラスチックの色で完成させた。グレーだけはどうしても自分のイメージと異なったので、ここだけは塗装している。また武装と手首はHGUCのガンダムが余っていたので、そちらからコンバートしてより厚みのあるものとした。
 ツヤを消した時、正直青なんかは「俺が塗るより100倍良い! プラスチックの色すげ〜」って思った。そしてめちゃくちゃ楽しかった。かっこよく仕上がると楽しいのだ。簡単な方法だから、手軽だからでマイナスなことなんてひとつも無い。楽しい、面白いとあなたが感じられたらそれで良いのだ。成型色活かしだと、部分塗装の修正なんかもしやすいし、色々ストレスが無いのも良い。
DSC_8222.jpg
 またデカールは成型色活かしとの相性がとても良い。つや消しスプレーを吹いた、とても均一なプラスチックの色に、デカールが色をさしてくれてガンプラのアクセントになる。
 つや消しスプレーを吹く前にデカールは貼ったほうが綺麗になるので、デカールを貼る→ツヤを消すの順番がオススメ。
DSC_8221.jpg
 このエントリーグレードガンダムのプラモはすごく懐の深いプラモだ。シンプルで簡単に組み上がる構成ながら、塗装もしやすく、初代ガンダムを作りたいという人が持っているさまざまなニーズを受け止めてくれる。だから僕はこれからも、初代ガンダムが作りたくなったらまたこのキットを作ると思う。

関連記事

お久しぶりです、ガンプラ。塗る・塗らないを明確にして完成した少年時代の憧れ。「HGUC V2ガンダム」編

 小学生の頃、TVで観た初めてのガンダムが『機動戦士Vガンダム』でした。正直当時は何をやっているのかさっぱりわからない。でも、このV2ガンダムだけはスペシャルでした。かっこいい光の翼は、僕たちがテレビのガンダムよりも夢中になっていた「BB戦士」やバンプレスト系のゲームでとてもかっこよく使用され、νガンダムと双璧を成す最強ガンダムとして、僕らの手のひらで輝いていたのです。
DSC_7695.jpg

 思いれのあるガンダムだけにあれやこれやとやりたくなります。そしてこれまでMGも買いましたが、結局完成しませんでした……。だからこそ、久しぶりに始めた熱量の高いうちにV2を作ろうと思ったんです。あとたまたま近所の模型屋で買えたってのもあります。そういう巡り合わせも大事にしたいと思って、一気に作りました。いや〜、楽しかった。あの頃の自分にどうぞとプレゼントしたいですね。
DSC_7706.jpg
 今回久しぶりにタミヤの白い蓋の接着剤で合わせ目消しをしました。パーツが合わさる面どうしに接着剤をペタペタ塗って「ムギュっ」とはみ出させるやつです。ガンプラ・合わせ目消しで検索すると星の数ほど記事が出てきますので、気になる方はそちらで。
 この方法はしっかりと合わせ目が消せるのですが、時にプラの色が変色してしまいます。V2の青のプラスチックの色は綺麗だったので、当初活かそうかな〜っと思っていたのですが、肩の合わせ目が結構白くなってしまったので、色を塗ることにしました。V2って俯瞰から観た時もかっこいいので、肩の変色はちょっと嫌だな〜と思ったんですよ。
DSC_8375.jpg
 この青、かっこいいですよね〜〜。僕がよく使う水性ホビーカラーは「青系」がちょっとまだ弱いので、正直青は塗りたくなかったのです……。でも、そこに救世主がいたんですよ。水性ホビーカラーの性能ってまだまだ進化しているのか! と気づかせてくれる塗料でした。
DSC_8374.jpg

 それが「水性ガンダムカラー 水星の魔女カラー」というもう名前勝ちな塗料です。この塗料、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場するなんとも中間色で淡いモビルスーツ達の色をバチバチに表現してきたすごい塗料です。友人がエアリアルブルーを使用しているのを見せてもらったら、もうすごい発色と美しさ。その性能を見たり、感想を聞けたおかげで、迷わず「水星の魔女カラー ガンダムエアリアル(改修型)ブルー」をセレクトできました。通常のエアリアルブルーの方が淡くておしゃれなV2になりそうだなとも思ったのですが、「エアリアル(改修型)=V2=後半機体」って僕の頭の中で繋がったので、この色にしたってのもあります。結果、重めでいつもの自分ならあまり塗らない青に塗れてすごく楽しかったです。
DSC_8069.jpg
 エアリアル(改修型)ブルーが重めの色だったので、ちょっと欲をだして「赤を軽めの色にして調整しちゃうぞ」と思いました。なんか良い色ないかな〜と探していると「ルナマリア専用機ピンク」という、ガンダムファンならすぐにイメージできるピンクがありました。これなら調色せずにそのまま塗れそう。その思惑は僕の中でピシャリ。ルナマリアに感謝するのでした。
DSC_8014.jpg
 白は成型色を活かしているので塗ってないのですが、一部合わせ目消しで変色してしまった場所だけピンポイントでエアブラシで塗っています。基本的なガンダムの白い成型色と「水性ガンダムカラー RX-78-2 ガンダムホワイト」の色はほぼ一緒なので、こういった部分塗装的に使用しても違和感がないです。そこだけ塗るなら全部塗っちゃえば?って聞こえてきそうですが、白を全部塗ると時間もかかりますしね。まぁ、いいっしょ。
DSC_8030.jpg
 エアブラシの細吹きで。プラスチックの色と塗料の色が本当にそっくりなので、最後につや消しを吹いて全体のツヤを揃えれば、全く問題なしですよ。
DSC_8032.jpg
 成型色を活かす作り方でも、僕はヤスリをかけます。400番から800番くらいまでかけて、光沢コート→スミ入れ・デカール→つや消しの順番で表面をクリアー塗料で塗ってコートしていくと、ヤスリの傷も目立たなくなります。パーツにいきなりつや消しはしません。デカールをしっかり貼りたいという理由で光沢を吹くのですが、この光沢塗料も小さな傷を埋めてくれるので、その上からつや消しを吹くことでよりパーツが綺麗に仕上がります。
 特にV2ガンダムは曲面が美しいガンダム。パーツを見て丸いラインが綺麗じゃないところは、スポンジヤスリでならしています。僕はこういう作業は大好き。改造やスジ彫りがマジでできないのですが、ヤスリで面を整えることはできる。しかもこれを全部じゃなくても、自分が綺麗にしたい、シャープにしたいってところだけでもやるとすごくガンプラはかっこよくなるんです。かっこよいと感じるとプラモはなんでも楽しくなるのです。最高だよね!
DSC_8376.jpg
 ここはV2ガンダムの魂!! ミノフスキー・ドライブユニット。ここだけは製作当初から絶対に塗るぞと決めていた場所です。ガンダム本体はつや消しで仕上げていますが、ここだけ光沢でパール系顔料が入った特殊な塗料「LINKL PLANETカラー ステラオレンジ」で塗っています。
DSC_8380.jpg
 白を塗って、その上からステラオレンジを塗装。ここだけきらりとパールが輝く仕上がりにしました。当時心奪われた光の翼が出るユニットですから、ちょっとだけでもこだわりたかったんです。
DSC_8242.jpg
 「V2ガンダム」完成! 成型色仕上げと塗装仕上げの割合がちょうど半分くらいな感じになりましたね。塗るところ、塗らないところをセレクトして作っても大満足の仕上がりになるってのは楽しいもんです。好きなガンダムだからこそ、なかなか完成しませんでしたが、肩の力を抜いてプラモを本当に楽しめているな〜と今思えていたので、自分のスタンスで完成させられました。完成したV2を棚にちょんと置いたその瞬間は、まさに最高一瞬。リガ・ミリティアの希望の光が、僕のプラモライフを照らしてくれました。おしまい。
DSC_8246.jpg

関連記事

お久しぶりです、ガンプラ。グレーだけ塗って仕上げる「HGUC 陸戦型ガンダム」編

 いろんなプラモデルを作っていると、海流魚のようにぐるぐると僕の中でシーズンがやってくる。そこに「ガンプラ」がやってきました。お久しぶりです、ガンプラ。
 僕なりのガンプラの楽しさが見つかったので、このブログでもまたガンプラを楽しんでいこうと思います。連載「お久しぶりです、ガンプラ」。その第1回は「HGUC 陸戦型ガンダム」です。
DSC_7624.jpg
DSC_7637.jpg▲パーツを切り出したゲート跡、よりシャープにしたいところだけヤスリをかけています

 かみさん・子供たちとがいるリビングで話をしながら、子供がプレイするゲームを見ながら「ガンプラ」は余裕を持って作れる。説明書と睨めっこしたりもないから、子供から声をかけられてもイラッとしないし、鼻歌混じりで楽しめる(たまにポリキャップ入れるの忘れたりするけどね)。そんな柔らかな要素がガンプラにあることに、お久しぶりなガンプラでようやく気がついたのでした。
 組み上がった陸戦型ガンダムは、もうそのままでめちゃくちゃかっこいい。「まぁ、脚とか長いっすかね〜〜キリッ」っと独り言で呟いたりもしましたが、そんくらいの呟きをプラモにぶつけるのもガンプラの楽しみ。あなたの意見・僕の意見はやっぱり無いとね。
DSC_7836-2.jpg▲グレーだけ塗ってみる。シールドのバーはシタデルカラーのメカニカス・スタンダード・グレーで筆塗り

 陸戦型ガンダムを組んでみると、もう自分の好みの色だらけ。白なんて特に完璧。それなら、このプラスチックの色を活かして「メインカラーは塗らずに作ってみよう」と思ったのです。そこで製作プランを考えてみました。

 1/白・青・赤・黄色といったメインカラーはプラスチックの色「成型色」を活かす。つや消しスプレーを吹いてツヤを整える
 2/マシンガンは「鉄」っぽくしたいから、通常色に金属色を混ぜた物で塗る。ビームライフルは成型色のまま。コンテナとキャノンはまた気が向いた時で
 3/グレーだけ塗る
 4/シャープにしたいところだけヤスリをかける
 5/デカールを貼る

 というプランで行くことにしました。成型色を活かして仕上げることを「簡単フィニッシュ」とか「成型色活かし」なんて言ったりします。これって、今のガンプラに本当にマッチしていて、「ここまで淡い色、鮮やかな色、固い色がプラスチックで出せる」ってことに毎度驚いています。そしてこの色にめちゃくちゃ甘えられるじゃんって、この歳になって分かりました。でも、そのまま活かすなんてことはなしない! 俺もシャープにしたいところは400番から800番まで紙やすりをかけた上で、ツヤをコントロールします。かつてホビージャパンで簡単フィニッシュが紹介された時は、パーツの表面をすごく綺麗にしていました。あの手順とまでは行かないまでも、目立つ部分や、自分が「ここはカッコ良くしたいぜ!ベイベー」ってところはどんどん手を入れてもいいのです。個人で「簡単」の範囲は異なります。一緒なわけないのですから。だから誰も気にしなくていい。俺の簡単で良いのです。
DSC_7941-2.jpg▲こちらはグレーのパーツだけ塗装した状態

 グレーのパーツって、武器や関節など結構違う文脈のパーツがひとつのランナー、もしくは同じようなグレーで成形されていることがあります。だから、グレーだけユニットごとに異なる色で塗るだけでもガンプラはカッコ良くなると思っています。これなら缶スプレーでお気に入りのグレーを数本持っているだけで、一歩進んだ俺のガンプラが完成すると思います。


DSC_7962.jpg▲デカールは魔法。貼るだけで文字や色が増える!

 成型色にデカールを貼るだけでこの雰囲気。デカールのパキッとした雰囲気は塗装ではほぼ無理。そしてデカールによる注意書きや番号って、自分だけのストーリーをモビルスーツに与えることもできるのです。デカールが苦手や〜〜〜って人は、nippperのこの記事「デカールをキレイに貼れる人になる。」を読んでください。僕もこれで、デカールを貼るのが楽しくなりました。
DSC_7989-2.jpg
DSC_7990-2.jpg▲完成! グレーと細部のディテールの筆塗り以外塗装していません。塗装は全て水性塗料

 全部塗らなくても、お部屋に飾って大満足の仕上がりになる。しかも自分のやりたいことだけやってフィニッシュするとさらにカッコ良くなるのだから、ガンプラってめっちゃ楽しいプラモです。こうしなきゃみたいな物を僕も意識してきたけど、「こうしたいっ」て切り替えるだけで、こんなにもガンプラは面白くなるんだってことがようやく分かりました。時には全部塗るかもしれないし、塗らないこともあるかもしれない。なんなら「このパーツこそが大トロ」とかいって、それだけ組んで満足! みたいな楽しみ方をするかもしれない。でもそれが「組み立てて自分で楽しむプラモの特権」。俺はそういう心の声をキャッチして、ガンプラを楽しんでいこうと思います。ガンプラ、楽しいぜ!

関連記事