FC2ブログ

プラモ筆塗り雑記帳「ハセガワ 1/48 飛燕」編/銀と迷彩に心躍らされた話。

DSC_9373-nippper_-2.jpg
ぎらりと光る銀の上に、ウネウネと描かれた緑の迷彩。実際の飛行機に迷彩を塗ったのだから当時の人たちは凄すぎる。さまざまな塗り方があるのだろうけれど、筆でちまちま塗ってればいずれは完成するだろうと思って、ちまちま塗ることにした。考えるよりも筆を動かしてみるかとなったのだ。
DSC_9463.jpg
唐突に飛燕を筆塗りしたくなったのは、大日本絵画より発売された「清水 圭 飛行機模型筆塗りテクニック SIMSONIC DESTRUCTION」を読んだから。読んだら間違いなく筆塗りまっしぐらになるので、ぜひ買って読んでほしい。nippperで書評を書いているので、そちらを読んでぜひポチッとしてくれ!!
IMG_6668.jpg
僕は筆塗り時には「水性ホビーカラー」を最も多く使う。ラッカー塗料に近い透け具合も出るし、乾燥すると水や溶剤でも簡単には溶け出さないので、筆のタッチを重ねてもぐちゃぐちゃになりにくいのだ。下地を完全に隠蔽しようとして筆塗りすると、ぺたーっとなって面白くないし、何より大変。それならエアブラシで塗ればいい。絶妙な筆の筆跡や塗料ムラがパーツ表面で踊るから、筆塗りの塗面は見ていて楽しいのだ。

水性ホビーカラーの銀は粒子感があるので、ムラがそれほど目立たず、輝度もちょうどよい。筆塗りにとっても相性が良い銀と言える。
IMG_6677.jpg
銀が塗り終わって、デカールを貼る。迷彩はデカールを貼った後に描いていく。デカールというのは本当に不思議なマテリアルで、貼ると一気に模型が引き締まり、何倍も見映えが良くなる。特に筆塗りしたプラモの引き締まり方は凄まじいものがある。

なんだかぽや〜っとした仕上がりだな〜と筆塗り後に思っても、迷わずデカールを貼ってみてほしい。「うま! かっこいい〜」って自己肯定感が爆発すること間違いなしだ!
IMG_6679.jpg
迷彩はタミヤのエナメル塗料。色はフィールドグレーをセレクトしている。水性ホビーカラーの上にタミヤエナメルを塗っても、水性ホビーカラーの塗面を侵さないので、気軽に筆塗りしていける。塗料の濃度をエナメル溶剤でコントロールして、迷彩のボケ足を作っていく。ボケ足は完全に好み。迷彩の形が変な感じになった部分は、エナメル溶剤を含ませた綿棒で拭き取りながら修正している。

次に汚し塗装をしたいので、デカールと迷彩を保護するために「水性プレミアムトップコート 光沢」のスプレーを吹き付けた。水性プレミアムトップコート光沢は、水性ホビーカラーのシルバーの輝度を濁らせることもないのでおすすめ。シルバー塗ったらコートできないじゃん。やらないってマインドにならずに、一度試してみてほしい。またエナメルのクリアーもラッカーや水性塗料のシルバーを保護するの良い。ただ僕は、汚しをエナメル塗料でするので水性塗料のクリアーでコートした。ここらへんの塗料ジャンケンはメーカーサイトにまとめてあるので、ぜひ読んでほしい。読んでから思考するとさまざまなアイディアが生まれると思う。
IMG_6694.jpg
タミヤスミ入れ塗料のダークブラウンを全体に塗り、エナメル溶剤を染み込ませた綿棒で拭き取る! 完全にコートできていなかった迷彩の部分がランダムに掠れてかっこいい!! こういう結果オーライ模型が大好き。ある程度遊びや余裕を持って取り組んでええのよ。
DSC_9217.jpg
DSC_9222.jpgDSC_9211.jpg
DSC_9179.jpgDSC_9338-nippper_-2.jpg


完成。「ハセガワ 1/48 川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕」に乾杯。

関連記事

コメント

非公開コメント