FC2ブログ

フミテシ道楽

タミヤ ヨンパチMMのジェントルな世界へ チャーチルMk.VII

Posted by ふみてし on   2  0

DSC_5056.jpg
予告通り、タミヤ 1/48 イギリス戦車 チャーチルMk.VII クロコダイルの製作開始です。前回のエントリーでタミヤ1/48MMの特徴などを書きましたが、その振り返りも含めて書いていこうと思います。タミヤ1/48MMシリーズですが……
■■
1/2003年にスタートしたシリーズ。現在のタミヤ クオリティがすでに確立してから立ち上がったシリーズなので、多くのキットのクオリティが半端ない。
2/車両のシャシーにサフ吹き済みのダイキャストを使用し重量感を体感できるようにした。これが昨今は艦船模型のように、キットにバラストを入れて再現するようにし、シャシーもプラパーツとなり、より馴染みやすくなった。
3/1/35MMに迫るディテール。1/48という小スケールに圧縮されているので、形になった時の塊感やみっちり感が目を支配する。
4/パーツ数を抑えた設計なので、週末モデリングなどの短期で一気に仕上げるのにぴったり
5/間も無く100作を迎える充実のラインナップ
■■
DSC_4786.jpg▲チャーチルのパーツ。写真だけでは1/35MMと見間違えるような解像度。1/48MMはディテールの省略などは最小限で、高解像度でそのモデルを楽しめます
DSC_4785.jpg▲砲塔の鋳造表現もしっとりとしています。横棒のようなディテールはフックのモールド

■チャーチル最大のハイライトは足回り!
DSC_4780-2.jpg▲このキットの一番の見どころが足回り。シャシーの側面と転輪、転輪と車体が一体パーツになっています
DSC_4797.jpg▲シャシーを組むといきなりこの形に! 無数の穴が、パーツをお出迎え待機
DSC_4798.jpg▲この穴に、転輪パーツの軸を挿せばあっという間に多数の転輪を持つチャーチルの足回りが形になります
DSC_4807.jpg▲これだけじゃ終わりません。この状態を見てください。上部の履帯がこれしかない。そう! 車体上部パーツで隠れるので見えるところだけなんです。この割り切りが本当にありがたい! 
DSC_4811.jpg▲履帯を接着した状態。シャシーにも上部履帯が乗るようなスペースがありません。見えないところは省エネ化というのが徹底されています
DSC_4817.jpg▲車体上部パーツを乗せました。まるで履帯の一部がないなんて組んだ人しか分かりません。そしてこの形になるまで、ストレスなくスムーズに進みます
DSC_5079.jpg▲そしてこのように各パーツを組んだ後に分けることができます。車体上部パーツは嵌合が絶妙で接着の必要もありません。合わせ目も装甲のパネルになっているので問題なし! この分割で履帯や足回りの塗装もだいぶ楽になります。またフェンダーの先が別パーツになっているので、戦場写真でも見ることができるフェンダーがない状態も簡単にできます。チャーチルの履帯がむき出しになっている姿は個人的に好きなので、この分割は嬉しいです。フェンダーのラバーの造形も薄く、柔らかな曲線が魅力的です
DSC_4784.jpg▲タミヤのMMといえばフィギュアとの一体感。1/48MMもこのスタンスを貫きます。しかも1/35MMと同様の手法で作り上げられた、小スケールとは思えない解像度になっています。パーツの接着面もしっかりとアタリがあるのでピチッと接着できます
DSC_5081.jpg▲これが1/48MMのフィギュアサイズ……
DSC_5084.jpg
DSC_5085.jpg
DSC_5087.jpg▲どの世界から出てきたの? この緻密さは!? と絶句してしまう解像度。ポーズもすごく自然で、これは乗せずにはいられないッ!! タミヤMMのイギリス戦車兵ってマイク持ったポーズ多いですよね。できる男って感じが好きです
DSC_4777.jpg▲リアに連結する装甲トレーラーのランナー。燃料などを搭載しています
DSC_5069.jpg▲リベットのメリハリも充分。これが付くことで1/48でもボリュームがアップして満足感アップ
DSC_5090.jpg▲車体とトレーラーのジョイントはスナップフィットで接続。接着剤不要で可動もします
DSC_5098.jpg
DSC_5100.jpg▲キットは火炎放射戦車チャーチルMk.VII クロコダイルと歩兵戦車チャーチルMk.VIIのどちらかを選んで組み立てられるプラスチックモデルキット。装甲トレーラーを牽引する姿と火炎放射戦車というパワーワードには抗えず、クロコダイルで製作
DSC_5093.jpg▲車両だけならiPhone Xとほぼ同じ大きさ。手のひらに納まるサイズなんですよ! この凝縮感が1/48の魅力でもあります
DSC_5060.jpg

 50年の歴史を歩んでいる1/35MMはまさに模型界の王者のブランドです。それに対して1/48MMをサイズ感やシリーズ当初のダイキャストシャシーについてうんたらかんたら言って作らないのはとても勿体無いなーとも思います。特に昨今の1/48MMは1/35MMとは設計思想を変えてきており、組むことの楽しさやコレクション性の向上、小サイズでもどれだけモデラーが満足できるか?など様々なアイディアを見ることができます。特にこのチャーチルは本当にオススメです。

2018年も間も無く終わろうとしています。年末モデリングにタミヤ1/48MMいかがでしょうか? お坊さんが忙しく走り回ってもきっと作れるプラモデルだと思います〜。それでは塗装編をお楽しみに〜。







関連記事

2 Comments

林哲平 says...""
チャーチル、35と見まごうスーパーキットですね!

見てると作りたくなってきます!
足回りのパーツ構成が本当に秀逸ですよね。
2018.12.03 21:04 | URL | #- [edit]
ふみてし says..."No title"
林さん
コメントありがとうございます。
48チャーチルは1/48MMの中でも様々なアイディアが詰まっていて楽しいです。このようなプラモデルがガンガン出ると本当に楽しくなるな~って思います。
2018.12.04 11:13 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sidelovenext.jp/tb.php/242-90c34527