FC2ブログ

フミテシ道楽

タミヤのヨンパチ戦車模型をもっと食したい!

Posted by ふみてし on   0  0

DSC_4772.jpg

 ヨンパチ。1/48スケールのキットを多くのモデラーはこう呼びます。1/〇〇スケールのキットを、サンゴー(1/35)とかサンニー(1/32)とか言ったりします。モデラー言語ですかね。知らないうちにそんな言葉を発し、そして僕はこの言葉(スケール表記)に自然と縛られていたのでした……。なんて勿体無い! でもそれは昨日までの自分! こんにちは、ヨンパチ! タミヤの戦車模型のシリーズ「1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ(以下MM)」のお話です。

■誕生は2003年。ハイクオリティの優等生
 戦車模型において、王者のスケールとも言える「1/35」。今年誕生50周年を迎えたタミヤ 1/35 MMシリーズが切り拓いてきた世界です。その後に誕生したのが、今回製作した「1/48 MM」です。この1/48シリーズが誕生したのは2003年10月。現在のような「ハイクオリティなタミヤ」が確立されてからのシリーズなのです。
 1/35 MMの第1弾がドイツ戦車兵セット。1/48 MMも第1弾はあるものをサポートするかのようなキットになりました。そう「飛行機」のキットです。1/48スケールは飛行機のキットのメインストリームの一つ。このスケールを一つのスキームとして考えるような思考で「Pkw.K1 キューベルワーゲン82型」が第1弾としてキット化されました。パイロットも付属し、Fw190などに添えて楽しめます。その後もケッテンクラート、キューベルワーゲンのアフリカ仕様などが発売され、第4弾に満を持して戦車のキットが発売されます。その車両は……
「ドイツ重戦車 タイガーI 初期生産型」。KING OF TANKの降臨。これを皮切りに、48MMが車両や人、各種アクセサリーを展開して行くようになります。ただその中でもソフトスキン系が充実しているので、飛行機や戦車というジャンルではなく「48スケール」というスキームであれやこれやを合わせるという視点は失われていません。
DSC_4770.jpg
DSC_4776.jpg▲このジェリカンセットは連合軍、ドイツ軍のものがセットになっているお得なもの。ランナーの中には両陣営がセットされ、そこには争いもなく、モデラーからのイマジネーションだけが注がれます

■1/48MMを見てみよう!
DSC_4786.jpg
 ランナーだけ見ていかがでしょうか? 1/35スケールのキットと分割は違えど、そんな知識がなければ全くもってスケールダウンしている感じはありません。これは最新キットの一つ「イギリス戦車 チャーチルMk.VII クロコダイル」のランナーです。1/35MMではNo.100として発売された車両です。それを最新のクオリティで、1/48で楽しむことができます。なぜこのキットを紹介するのか……。それは、タミヤ48MMがこれから挑戦していこうというものが見えてくるからです。
DSC_4780-2.jpg
 チャーチルやマチルダでモデラーを躊躇させるのが「転輪」。1/35では何個も組んだあの思い出……。俺は今回もこれを楽しむんだ、ぐへへ…とか言ってるとタミヤさんが優しく「こんなものをご用意しました」とあなたに囁きます。転輪が繋がってる! しかもスカートで隠れる部分はパーツすら存在しない!!! あ〜なんて素敵。小スケールのものをお手軽に組んでコレクションしてほしい。「そのための工夫はこれなんですよ、食べて見てよ!」と。ミスター味っ子ばりの演出がそのランナーを握った瞬間にやってきます。間も無く100作を迎えようとする48シリーズの円熟と、35とはどういう風に変えていこうかということを明確にしようとする開発陣の声が聞こえます。
DSC_4779.jpg▲1/48MMの履帯はプラによる部分連結式。ディテールはご覧の通りパッキパキ
DSC_4785.jpg▲砲塔の鋳造の質感。文句なしでしょ
DSC_4784.jpg▲フィギュア……。35MMだけではなく、48も驚異的。パーツ見ると「やってんな〜!」って唸ってしまいます。48MMのフィギュアのターニングポイントはどこか……今度調べて見ます
DSC_4790.jpg▲艦船模型ですか? と思わせるバラスト。模型と重さの関係ってあなたはどう思いますか?
 1/48MMの特徴はこの重りです。初期のアイテムはシャシーがサフ吹き済みのダイキャスト製(すぐ塗れます)で重さという価値を追加していました。小サイズでも戦車らしい重量感を。最初は?でしたが、今回完成した後これいいかも〜って思いました。重さってなんなんでしょうか? 重さにある価値とは……。今はバラストになっているので、ご自由に選択できます。
DSC_4769.jpg
 こちらのチャーチルを次回のエントリーで組んでレビューしてみようと思います。とにかく1/48MMは……
☆タミヤクオリティが完全に確立してからの新シリーズであり完成度はパナイ!
☆パーツ数の省エネ化。でも省略されすぎてないディテールによる高解像度
☆週末モデリングに最適!
☆けっして小さくない凝縮感
 と次から次へと箸を伸ばしたくなります。自分は35で作ったことのない車両を中心に攻めてみようかな〜と思っています。本当に速攻形になるということがここまで楽しいことなのかと実感させてくれます。息子を寝かせている合間に作れました。
 そして10式やエイブラムスのような現用戦車もラインナップに加わりました。35だと大きなサイズになるものが多い現用戦車だけにこれはとても嬉しいですね。とにかくタミヤカタログと毎晩睨めっこしながらスヤ〜〜と就寝してます。

■今回製作した「ドイツ8輪重装甲車」
DSC_4746.jpg
DSC_4750.jpg
DSC_4751.jpg▲35MMで何度も組んでは中途半端にしていた8輪重装甲車。48で完成させることができました。何もいじってません。このシャープさ。キットがすごい!
DSC_4765.jpg▲フィギュアは…車内で隠れるところは塗りません。このサイズなら、基本カラーと肌をサッと塗るだけでも充分だと思います。気楽にいきましょ。いっぱい作りたいもん
DSC_4737.jpg▲ベースにはウォーハンマーのキットに入っているものがぴったりだったので、使用しました。このような丸いベースや四角いベースが一枚入っているだけで、48は世界が広がりそうですね
DSC_4732.jpg
DSC_4733.jpg
DSC_4741.jpg
 さぁ、次はチャーチルですね。1/48MMもこれからアップして色々レビューして見たいと思います。寒くなってきたのでお風邪などにはお気をつけて〜。ではでは〜。








関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sidelovenext.jp/tb.php/241-a414f856