FC2ブログ

まるで名作アルバムのようなプラモデル。「タミヤ 1/72 メッサーシュミット Bf019 E-3」

DSC_7189.jpg▲どんなプラモも完成後の撮影は楽しい!

 タミヤ 1/72 メッサーシュミット Bf019 E-3。世界中で何万人にも楽しまれたプラモだと思う。先日僕もそのひとりになった。なんだか有名なバンドの名作アルバムを楽しんだみたいだ。CDやレコードも同じものを買っても聴く人によって感想が違うように、プラモデルも同じパーツが入っているのに、作る人によって全く違ったものになる。だからこの趣味は楽しい。やめられない。自由と声を挙げずとも、作られたものはすでにあなたの思いがこもった自由の塊なのだ。
IMG-1402.jpg▲完成見本の写真もいいけど、イラストの方が好き。1/48の同機の箱がかっこいいんだよね

 どこにでも売っていて、手に取りやすいこのプラモデル。パーツは美しく、接着剤でピタピタとパーツが貼り合わさっていく。40分もあれば形になった姿を見ながらお酒やお茶を飲んで、楽しかった余韻をゆっくり味わえる。僕の大好きなプラモの条件がすべて揃っている。

IMG-1403.jpg▲パーツはこれだけ。プラモデルのパーツが入っている枠とパーツ配置もとても美しく、どこに何のパーツがあるのかも探しやすい。これがタミヤの普通の仕事なのだ。こんなプラモをランチ価格で楽しめる僕らはなんて幸せなんだ

IMG-1401.jpg▲手のひらサイズなのも良い。15分で、飛行機の形を楽しめて、その翼に思いを馳せることができる

 最近は筆塗りが本当に楽しい。ペタペタと塗るたびに、プラモデルがどんどん飛行機になっていく。エアブラシもいいんだけど、なんだろう、ダイレクトに楽しさが伝わってくるのだ。綺麗に塗ろうじゃなく、楽しく塗ろうという気持ちがどんどん前に出てくる。だからこそ完成後もなんだか愛おしく見えてくる。そんな風に塗れたプラモと、ファインダーを通して会話している時間は、とっても幸せ。だからプラモは面白い。次は何を作ろうかな。
IMG-1406.jpg
DSC_6469.jpg
DSC_6460.jpg
DSC_7160.jpg
関連記事