FC2ブログ

旅の靴/松本とニューバランス990v5

R0001554.jpg▲松本城はやっぱりかっこいい。お城だけでなく、周囲の豊かな自然がより城を映えさせてくれる

 旅の支度でいつも楽しみながら悩むのが「靴」。自分が向かう場所、旅行中の天気、さまざまなことをイメージしながら靴を選ぶ。数日間相棒となる1足を選ぶのだから悩まないわけがない。

 僕は夏の終わりに長野県・松本市を旅の場所に選んだ。その理由は長野県は今まで旅して悪い思い出が無いと言うのが一番。うまいワインにうまい蕎麦、なんだかゆったりした時間、アカデミックな雰囲気がある場所などが揃っている。昨年車も買ったので、余計に長野に旅したくなったのだ。

R0002160.jpg▲選んだ靴はニューバランスの990v5。極上のクッション性とフィット感は一度履いたらやめられない

 自然の多い長野県でも、松本は立派な都市。そして歴史や文化もある大好きな場所。そんな街に2泊することを考えて選んだのが「ニューバランス 990v5」。ニューバランスのスニーカーの中でも990シリーズは特別なライン。1000点満点中990点の靴であると言う評価が社内で出たことで、990と言うナンバーが与えられたとか。このシリーズは「990」を始祖に、「991」、「992」、「993」など様々な系譜に広がりどれも傑作となるすごいナンバー。スティーブ・ジョブスも愛した靴で、「992」とリーバイスの501を合わせた姿は有名。松本のアカデミックさと990のちょっとこだわりの強い背景がなんだかミックスしたので、今回の旅で僕は「990v5」を選んだのだ。v5というのは990の5代目という意味(今年はv6が出るそうで、そちらも楽しみなのだ)。

R0001364.jpg▲松本市美術館。松本市出身の芸術家・草間彌生の世界を堪能できる。ベンチや壁などそこかしこに彼女の世界観が散りばめられている
R0001380.jpg
R0001372.jpg

 僕は旅行の初日に額を4針縫うというアクシデントにもあったのだが、病院のスタッフさんも優しくて「松本を嫌いにならないでまた来てくださいね」という言葉は、凹んでた僕にはとっても優しく響いた。おかげで2日目も元気に松本城を堪能できた。
R0001508.jpg▲現存の城の木はやばい。多くの人が触れてきた歴史がツヤとなって目の前に現れる。かっこいい木がお家に欲しくなる

 R0001390.jpg
R0001429.jpg
R0001426.jpg

 松本のガイドブックなどでもお馴染みの「おきな堂」では洒落た洋食を。ポークステーキは旅の疲れを吹っ飛ばす感動が目と舌で堪能できるのでおすすめ。車じゃなかったらこれとビールを味わいたかったが、それはまたの機会に。

R0001462.jpg▲小波のカルビ丼は優勝

 松本駅から徒歩3分くらいのところにあった「小波」。こちらはランチでラーメンとカルビ丼が食べられる。お店の中の雰囲気もグルーヴ満点。松本に行ったら、夜に再度行ってみたいお店。絶対に再訪するぞ。
R0001455-2.jpg▲最高の雰囲気。卓上コンロの清掃の丁寧さも素晴らしい!!

R0002166.jpg▲スウェード部分の味。ニューバランスのネイビーのスウェードは、履き込んだ時の色変化がとてつもなくかっこいい

 旅をした靴は、一気に姿を変える。これは他の靴もそうで、ひとつの旅を終えることで一気に靴との距離が縮まる。990v5とは日本だけじゃなく世界各地も一緒に旅した。だから僕とこの靴はもはや一心同体。旅を楽しくしてくれる存在だ。靴は買ってすぐに自分との距離が縮まらないからこそ面白い。じっくりと、人生のイベントを一緒に乗り越えていくと、いつしかその靴は自分の中でかけがえのないものになったりする。可愛い子には旅をさせよ。それは靴のためにもある言葉なんだと、旅から帰ってきた靴を見るとよく思うのだ。

 今度は、最近初めて一緒に旅に出た靴との話もしようと思う。








内戦と自然の力。破壊が生む美の遺跡「ベンメリア」

124_convert_20190211191907.jpg▲遺跡スタッフの特権ですね。携帯電話と遺跡。過去と現在の共存
129のコピー_convert_20190211202411

アンコール・ワット遺跡群から少し離れ、シェムリアップの街から車で約1時間半ほどの距離に崩壊の遺跡ベンメリアがあります。カンボジアの悲しい歴史である「カンボジア内戦」でも戦場となり、遺跡周辺には地雷が埋められ、さらには重火器により壁なども吹き飛ばされるなど本来であれば捨てられてしまってもしょうが無いような遺跡です。

しかしその遺跡は人の力と自然の力により奇跡とも言える崩壊の様を見せてくれています。規模だけでいえばアンコール・ワットを凌ぐとも言われるベンメリア遺跡。美しく切り出された岩が崩れている様、その岩に木々が絡まり、そこに光が差し込む。崩れても美しい。1993年に内戦が終結し、まだ30年も経っていないカンボジアの今とこれからが垣間見えるような景色。ここはラピュタ(よく例えられる)じゃない。カンボジアの過去と現在の大きな歴史が凝縮され、さらに交差するポイントと言える場所だ。
DSC_6454_convert_20190211193650.jpg▲シェムリアップの街を抜けると田園地帯。これは乾季なので水がはってなく牛が放牧されている。雨季は田んぼになる。乾季は暑さで田んぼにある石が熱され枯葉に燃え移り自然発火するらしいです。
DSC_6522.jpg▲ベンメリア遺跡はアンコール・ワットのチケットでは入場できない。遺跡から少し離れたところにチケット売り場があり、ここで購入。トイレも綺麗なので安心。ここでしっかりトイレに行っておきましょう。喫煙所もあります
DSC_6526.jpg▲遺跡入り口前。売店などが並ぶ。カンボジアの道はこのような赤土が多く、空調から車内にもガンガン入ってきます
DSC_6531.jpg▲そして遺跡入り口の青い看板。これは地雷が無事撤去されましたよという印。数年前までは本当に危険地帯だったそうで、前歩いた人の足跡に沿って歩いたこともあったと現地の人から聞きました。農業やベンメリアの遺跡という観光資源を活かすためにも地雷の撤去が急がれたようです。田んぼを切り開くのにも地雷という恐怖がまだあるそうです
108のコピー_convert_20190211195653▲正門。来るものを拒むかのように崩壊
109のコピー_convert_20190211200107▲巨大なガジュマルの木が岩の間に根をはり遺跡と共存
111_convert_20190211200526.jpg
112_convert_20190211200750.jpg▲内戦のによって吹き飛んでしまった部分なども
116のコピー_convert_20190211202036
120のコピー_convert_20190211202154
118のコピー_convert_20190211202102
122のコピー_convert_20190211202230
130のコピー_convert_20190211202440▲あまりに崩壊しているので、遺跡内には足場が組まれている。最近は中国人の団体客が多いので賑やか。まぁ我慢しましょう
126のコピー_convert_20190211202311▲アンコール・ワットの第一回廊にある有名なレリーフ「乳海攪拌」がベンメリアにもあります。ヒンドゥー教の寺院であったことが分かります。アンコール・ワットよりも前にベンメリアは作られており類似点も多いことから、一説にはアンコール・ワットのモデルとして建造されたとも言われています
133のコピー_convert_20190211202512
134のコピー_convert_20190211202543

木々と遺跡が織りなす景色。修復のめども立たないから世界遺産にも認定されない。しかしそれでも人を惹き付けるのはここにしかこの景色は無いから。アンコール・ワットからはかなり距離がありますが時間を費やしても行く価値はあると思います。道中でカンボジアの風景も楽しめます。車で行きましたが、トゥクトゥクでも行けますよ!(時間はかかりますが)

そしてこの後、午後はシェムリアップの街へ。どのような街なのか。それはまた次回。
135_convert_20190211204200.jpg▲トゥクトゥクに揺られ街へ。東南アジアに行ったらぜひ乗って欲しいです

世界を魅了するハイパー観光地アンコール・ワットへ!!第3話 夢

85.jpg

信仰と人の力が爆発した場所にはその地にしかない力がある。たとえ観光地化されていたとしても。テレビの液晶を通して何回も見たことがあるその場所に行くことは僕の夢だった。遺跡に行くまでに体感できる風土、言葉、空気、気温などもとても貴重な体験だ。

小さい頃から歴史が好きで、大学も文学部の歴史学科。いつも側には歴史があった。そしてその僕の中の見たい景色に「アンコール・ワット」はあった。特にこの地の歴史に詳しいわけでもない。ただ人の力によってこのようなものが生み出されてしまったというミステリーには死ぬまで絶対に触れてみたかった。きっと皆さんにもその目で、その手で感じてみたい物があると思う。僕は欲張りだから何個もあるのだが、その一つを遂に体感することができた。

すごくイージーに到達できる世界を代表する地「アンコール・ワット」。しかし帰りの日差しは僕の感情を全て持っていった。優しく迎えながら送り出す時は何か一つ使命のような、目的のような感情を持たせてくれる。夢を見たら醒めなきゃいけない。そして次の一歩へ。一つの夢から覚め、僕は人生をリセットすることができた。
49.jpg
56.jpg
59.jpg
64.jpg
67.jpg
68.jpg
72.jpg
75.jpg
79.jpg
80.jpg
81.jpg
82.jpg
88.jpg
90.jpg
83_convert_20190206213004.jpg
91.jpg