FC2ブログ

フミテシ道楽

one

内戦と自然の力。破壊が生む美の遺跡「ベンメリア」

▲遺跡スタッフの特権ですね。携帯電話と遺跡。過去と現在の共存アンコール・ワット遺跡群から少し離れ、シェムリアップの街から車で約1時間半ほどの距離に崩壊の遺跡ベンメリアがあります。カンボジアの悲しい歴史である「カンボジア内戦」でも戦場となり、遺跡周辺には地雷が埋められ、さらには重火器により壁なども吹き飛ばされるなど本来であれば捨てられてしまってもしょうが無いような遺跡です。しかしその遺跡は人の力と自...

 0
one

世界を魅了するハイパー観光地アンコール・ワットへ!!第3話 夢

信仰と人の力が爆発した場所にはその地にしかない力がある。たとえ観光地化されていたとしても。テレビの液晶を通して何回も見たことがあるその場所に行くことは僕の夢だった。遺跡に行くまでに体感できる風土、言葉、空気、気温などもとても貴重な体験だ。小さい頃から歴史が好きで、大学も文学部の歴史学科。いつも側には歴史があった。そしてその僕の中の見たい景色に「アンコール・ワット」はあった。特にこの地の歴史に詳しい...

 0
one

世界を魅了するハイパー観光地アンコール・ワットへ!!第2話 トム!

▲アンコール・トムにあるライ王のテラス。王族の火葬場として使われたとも考えられているこの赤茶けた石積み。刻まれた彫刻は過去と現代を隔てる門番のようだ遂にアンコール・ワット遺跡群に突入です! 1月のカンボジアは乾季ということで雨もほとんど降りません! 天気に怯えることはなく快適に観光ができます。で、アンコール・ワット遺跡群ですが、さすが世界を代表する世界遺産。ポンと遺跡まで行って入ることなんてできませ...

 0
one

世界を魅了するハイパー観光地 アンコール・ワットへ!! 第1話 旅立ち

2018年12月28日をもって12年間務めた会社を退職。そして甘美な響き「有給消化」がもたらされました。こんなチャンス滅多にない。旅がしたい……。最終出社日の1ヶ月前くらいからそわそわし、奥さんにどうやってお願いしようかともじもじしていました。そしていざ決戦!!わし)「カンボジア行きたいんだけど……。」奥さん)「え? いいよ。私興味ないし。ヨーロッパとかアメリカだったら止めたけどね。私も行きたいし。その間実家に...

 0