fc2ブログ

「初めて作るヒコーキ模型」は製作スタイルの全て/ハセガワ 二式水上戦闘機

DSC_0577.jpg
 「ハセガワ 1/48スケール 二式水上戦闘機」が完成した。零戦をベースに水上機へと改造したその姿は、美しい零戦に力強さが加わってとてもかっこいい。このキットのことは、僕が副編集長をやっているnippperのこちらの記事を読んで欲しい。
かっこよすぎる「水の零戦」のプラモを作ろうぜ!!/ハセガワ 1/48 中島 A6M2-N 二式水上戦闘機 佐世保航空隊

DSC_0669-2.jpg
 僕は先日スケールアヴィエーション編集部と共に「初めて作るヒコーキ模型」を編集した。この本は「飛行機のプラモデルってどんなものなんだろう?」「どんな場所に売ってるんだろう?」「どんな道具が必要なの……」などなどを専門用語を極力使うことなく紹介している。
 みんなで楽しめる世界一やさしい模型本「初めて作るヒコーキ模型」。
 この本に書いてあることは、僕の飛行機模型製作スタイルの全てで、正直これ以上でもこれ以下のこともしていない。いつもこの本に掲載されていることをやって完成させている。いつも同じようなことをしているのだが出来上がる模型は、それぞれ表情が異なって見える。そんな不思議なことが起こるからプラモデルはとっても楽しいんだ。
 今回作ったハセガワの二式水上戦闘機も乱暴に言ってしまえば、平筆で塗料を塗りたくっただけだ。コクピットなんて組み立てた後から筆を突っ込んでグルングルン回した。加藤単駆郎氏により描かれたパッケージイラストの雰囲気がとても素敵で、あんなふうに塗ってみたいという思いだけで筆を動かしていた。
DSC_9897.jpg▲プラモデルの本体とも言える箱。模型の箱には美麗なイラストがあしらわれる。そんな商品なかなか無いと思う。とっても幸せなことだ

DSC_0305.jpg▲箱絵のようには行かなかったけど、塗り上がった二式水上戦闘機のプラモを見てとても嬉しい気持ちになった。これは僕だけの二式水上戦闘機だ

DSC_9921b.jpg▲最初はこのようにグレー一色。これを実際の物と同じように塗っても良いし、自分の好きな色で塗っても良い。プラモデルはかっこいいモチーフを、あなただけのキャンバスにしてよい最高の遊びだ

 筆で塗っても良いし、エアブラシで塗っても良い。自分がやりたいようにやって良しなので、プラモデルの塗装は最高に楽しい。僕は塗料の食いつきを良くするのと、下地の色が影色になるようにエアブラシで紫や黒に近いグレーを吹いた後に筆塗りすることが多い。
 この下地の上に塗料を塗って行くと、最初は下地と本体に塗るメインの色でぐちゃぐちゃになって「本当にうまくいくのかな?」とめっちゃ不安になる。でもこの不安がたまらない。不安だからこそ「かっこよくしてやるからな~」みたいな親心が芽生えてしまうのは僕だけか。
 筆を動かすたびにだんだんメインの色で覆われていく。うっすら残った下地がプラモデルに表情を与えてくれる。その変化を筆からダイレクトに感じることができる。それはまさに、グレーだったものが1/48スケールの飛行機に変わっていく瞬間を味わっているんだ。
IMG_7189.jpg▲水性サーフェイサーに紫を入れた自作サーフェイサーをエアブラシで塗装
IMG_7202.jpg▲塗装はタミヤアクリル。つや消しが強い塗料なので少量のクリヤーを入れていつも塗っている。匂いも強くないので、塗装も快適
IMG_7201.jpg▲最初は超大雑把に全体を塗ってしまう

IMG_7222.jpg▲さっき塗った色がなんか微妙だったので、ライトブルーも少量混ぜてみる
IMG_7223.jpg▲プラモデルの塗装は行ったり来たりできる。ちょっと違うな~と思ったらいつでもやりおなすことができる
IMG_7226.jpg▲ホップ
IMG_7267.jpg▲ステップ
IMG_7268.jpg▲ジャンプ!!
 あとは明灰白色に白やライトブルーを混ぜる量を変えながら、どんどん塗って行く。パレットで適当に混ぜているから、塗るたびに微妙に色が変わる。一枚の翼、胴体に様々な色味が現れ、計算して塗るのとは違う雰囲気になり、それがまた楽しい。
 混ぜる色さえ変えなければ、だいたいの混色塗りは大きく転ぶことは無い。
 最後にタミヤスミ入れ塗料でウォッシングすれば、各面の色味もいい感じに落ち着いてかっこよくなる。
IMG_7271.jpg▲筆塗りの凹凸をプレミアムトップコートの光沢スプレーを吹いて平滑に。デカールも綺麗に貼れるようになる
IMG_7290.jpg▲タミヤスミ入れ塗料のダークブラウンは最高の色。このシャバシャバの塗料を全体に塗って、エナメル溶剤を染み込ませた筆や綿棒で拭き取ると、汚れを纏った雰囲気になる。簡単にかっこよくなるので病みつきになる
IMG_7293.jpg▲エナメル溶剤は梅皿に移して使用。塗料を塗った筆を洗う溶剤、塗料を拭き取るのに使用する溶剤と2箇所に出すようにしている。拭き取る時はきれいな溶剤の方が、拭き取りのコントロールがしやすいからだ
IMG_7295.jpg▲ダークブラウンを塗って、エナメル溶剤で拭き取った状態。このように翼の上を汚れが流れたような跡もつけることができる
IMG_7314.jpg▲完了!! この瞬間がたまらない!!

 あとは自分がかっこいいと思うように撮影。「最高だね!!」なんて心の中で語り掛けながら撮影する時間は、本当に楽しい。楽しすぎるので、僕にとって撮影までがプラモ趣味なんだと思う。
 作った楽しさを忘れないように、こうやってブログにも書く。どんなプラモも完成まで過ごした時間は、僕の人生の中で特別な時間だ。楽しかったプラモへの感謝も込めて。今回も最高に楽しかったよ。ありがとう「二式水上戦闘機」。
DSC_0522.jpg
DSC_0498.jpg
DSC_0302.jpg



関連記事

優艶なるミリタリーパンツ/フランス M-47

R0000512.jpg▲僕の好きなプラモデルでも立体化されてたりするのかな? まだ出会っていない

 第二次世界大戦後のフランス軍によって、初めて開発・採用されたミリタリーパンツ「M-47」。僕がミリタリーウェアを好きになるきっかけになったアイテムです。妻の後輩が始めた古着屋さんにお邪魔した時に出会いました。ミリタリーウェアとは思えない縫製の美しさ。そして分厚いコットンの迫力。一目で度肝を抜かれました。僕が出会ったのはデッドストックだったので状態もピンピンだったのです。今ではプラモを作っている時も穿いていて、塗料やペーストがいろんなところについてます。まさに「俺のM-47」になっています。

R0000518.jpg▲僕のは1947年から1950年に採用されていた前期型というタイプ

 オリーブドラブ? とはまた違った、何とも上品なグリーンが最高です。マルタン・マルジェラがその縫製の美しさから、裏返しにしてモデルたちに着用させてランウェイを歩かせたこともあり、このパンツは世界中から愛され、今でも大人気のモデルになっています。アメリカのミリタリーパンツが剛なら、フランスのM-47は柔と言ったところでしょうか。上品さも出て(僕のは穿きまくっているのであまりその感じは出ませんが……)ジャケットやブレザーと合わせてもかっこいいです。このパンツ1本あれば、何とでもなってしまう……そのくらい凄いパンツだと思っています。

R0000519.jpg▲フロント上部のボタンが露出しているのが前期型の特徴のひとつみたいっす

R0000521.jpg▲ポケットの裏地もしっかりしていてかっこいいのよ。味が出てますね~~
R0000528.jpg▲こちらも穿きすぎてスカスカの表記タグ
R0000529.jpg▲タミヤウェザリングペーストが付着したので、まもなく模型です。ミリタリーミニチュアに仲間入りだ!!
R0000530.jpg▲Tシャツでもシャツでも、なんでも合います。ラルフローレンのシャツと合わせるのが大好きです

 僕はタミヤの戦車模型・ミリタリーミニチュアシリーズをよく作ります。M-47は戦後フランス軍と言うことで、立体にはなかなか恵まれないゾーン。いつかはプラモで作りたいな~と思いながらも、現代では僕のようにミリタリーウェアと普通の服を合わせる人たちが街にたくさんいます。その様な人たちこそ、今のミリタリーミニチュアになっていたら最高ですね。M-47を穿いた学生が、車とかバイクと一緒に模型の世界にいる。一日も早くそんなミリタリーミニチュアと出会って見たいなと、M-47を見て思うのでした。それでは、またね。

関連記事
関連記事

ガンプラの「白」だけ塗らない!!


white01-5.jpg
 「白」以外を塗って完成させてみよう!! この2つのガンプラはそれを目指したものです。白だけ塗っていません。なんでそんなことをしたのかというと、下のランナーの写真をどうぞ。
white02-9317.jpg
 こうやってランナーで白いパーツを撮影すると、本当にすけていません。とても美しい「白」。これを活かしてみたいと思ったのです。このハイレベルな成型色のような白をしっかりと塗装で発色させるには下地や色選びなど様々な工程を踏むことになります。それももちろん楽しいですが、これだけ綺麗なので、きちんとガンプラの白を活かしたらどうなるのだろうと見てみたくなったのです。他の色のパーツは自分の好みの色にしたいので全塗装します。
white02-9313.jpg
 写真の3つの塗料が「水性ホビーカラー」の最強クリアーで、ガンプラの白をさらによく見せてくれます。これの缶スプレー版が、僕も参加しているnippperの記事で紹介された「プレミアムトップコート」です。
 瓶版は「プレミアムクリアー」と言いまして、光沢は塗膜がめちゃくちゃ強くなってピッカピカになります。つや消しは滑らかなフラットになります。フラットベースを混色すれば半光沢、より強いつや消しとツヤのコントロールができます。僕は光沢にフラットベースを入れて半光沢にしてよく使用しています。デカール前は光沢でテッカテカにして、シルバリングしないようにしてデカールを貼っています。つや消しはガンプラではなく戦車模型でよく使います。
white02-2.jpg
 センサー系のキラリと光るシール以外(主に膝)を貼ってから白いパーツにプレミアムクリアーを欠けた状態です。水性のプレミアムクリアーはシールを溶かしたりしないのでサッとひと吹きでシールのツヤも落ちて塗装しているみたいに見えます。ですので僕はプレミアムクリアーと出会ってからはシールも積極的に使います。もしシールに粉が吹いたようにかぶったら、乾燥後に綿棒で擦れば拭き取れます。
white02-9318.jpg
 AGE-1のように体のほとんどが白の場合だったら塗装ハゲとか気にせず遊べますね!!
 また白を塗装しなかったことで、大幅に時間が短縮され、このAGE-1は1日で完成しました。時短プラモとしても楽しめますね。「今週は気楽にガンプラを作ってみるか〜」と思った方、ぜひ試してバンダイの白成型色の良さを体感してみてください!

関連記事

Build#011 TAMIYA MM No.195 ハノマークD型 シュッツェンパンツァー 第1話 見えないところにニクイ奴!!

DSC_3003.jpg▲ドイツ軍のかっちょいい装甲車「ハノマーク」。タミヤからはたくさんのバリエーションが展開されてます。箱に描かれているアニキたちが真っ最中感バシバシで気分は戦場です
■本ブログで一番取り上げている「タミヤミリタリーミニチュアシリーズ」。戦車や装甲車、兵士など戦場の景色にある様々なものをプラモ化している模型界のキングコンテンツのひとつです。飛行機とか本とか服とかそんな記事ばかり書いていましたが、ちまちまとAFVも楽しんでまして。お久しぶりのタミヤMMでございます。そんなわけで初めて読んでいただく方にも向けて数回に分けて本キットが完成するまでをお届けしようと思います(完成するかな~。ゆるくいきましょ)。
DSC_3008.jpg▲模型用語で金型で成型されたプラスチックの色を「成型色」なんて呼びます。この色はそのモチーフをイメージした色が採用されたりします。今回のキットはドイツ軍のメインカラーのひとつ「ダークイエロー」が成型色となります。一番目にするプラモ、バンダイのガンプラは成型色で設定のカラーをできる限り再現しようというプラモになっており、組んだだけでカラフルなものが出来上がります
■箱を開けると様々なパーツがじゃらじゃらと入っています。パーツがおさまっているい枠を「ランナー」。ランナーとパーツを繋ぐ部分を「ゲート」なんて呼んでいます。他に軟質素材の物や、マーキングを再現する水転写デカールがセットされます。そして組む前にパーツを見るのもプラモの楽しみです。DSC_3009.jpg▲どか~んと一発抜きされた車両の外装。見ただけで車両のイメージが沸きます
DSC_3014.jpg▲マジでタイヤじゃん! ホイールも精密~ってなりますし、左上にはバケツのパーツも!見たことあるようなモチーフは、模型と自分の距離をぐっと縮めますDSC_3013.jpg▲銃? てっぽう? すいとう? かばん? ★▲■×●……一気に触ったことないような本気(マジ)な装備がやってきます。戦争に行くのか……DSC_3006.jpg▲深呼吸。タミヤは裏切らない。突き放さない。箱の脇や説明書にイラストと名称を掲載。他のプラモで特徴的なパーツや、今回のキットのようにアクセサリーセットとして豊富な装備品が入る場合はきちんと解説してくれますDSC_3015.jpg▲タミヤミリタリーミニチュアシリーズの核となるのが「人間のミニチュア」です。固いパーツとともに人間が枠にはまっています。このバランスがタミヤの模型。人がいると生まれるドラマとは……本模型完成までにお届けできればと思いますDSC_3020.jpg▲履帯のように足回りに巻き付けるようなものはこのような軟質素材のパーツで再現されていることがあります。ぐるっと巻けば無限軌道(俗にいうキャタピラ)の完成。プラモ狂四郎なら、あなたの模型も不整地で戦える!!DSC_3021.jpg▲水転写デカール。使用する部分をカットして、水に浸し、浮き上がったマーキングを物に貼っていきます。とても薄いので、塗装したかのようにマーキングが再現できます。プラモのマーキングではシールと共にメジャーなもののひとつですDSC_3019.jpg▲説明書の表紙。タミヤはグローバルな企業ですので様々な言語に対応しています。キットには必ず解説が入っており、自分が作っているものをさらに深く知ることができます。この積み重ねが知識になっていきますDSC_3017.jpg▲「作る前にかならずお読み下さい。おじさん」の言うことを聞けば完成に近づきます。人間素直が一番ですDSC_3018.jpg▲説明書はこのようにイラストで展開されます。パーツ番号の他にX-○○、XF-○○というようにタミヤが発売するタミヤカラーの番号の指示が入ります。この場所はタミヤカラーのX-○○で塗りますよということです
■実際に模型を作るには素手では厳しいです。人類の発明「ツール&マテリアル」を使用します。どんなものがあればいいのでしょうか?DSC_3023.jpg▲プラモと言ったらこれ!「ニッパー」!! タミヤ クラフトツールシリーズ No.123 先細薄刃ニッパー (ゲートカット用)は多くの量販店やネット通販でも購入可能で、切れ味も抜群。デザインもかっこいいので、持っていると「やってんな~」感がでますDSC_3026.jpg▲箸で豆を摘まむ大会とか昔ありましたよね? 多分このピンセットがあれば優勝できます。精密ピンセット (ツル首タイプ)(1540円)。小さなパーツをしっかりホールドして作業できるので、きれいにパーツを接着したりすることができますDSC_3027.jpg▲模型あるあるで一番語られるのが「接着剤でべとべとになった」というネタ。もはや日本書紀なのかという話です。タミヤセメントには蓋に筆が最初からセットされていて、その筆を使って接着剤を塗って貼ります。そして手前の流し込みタイプというのはサラサラの接着剤で、パーツとパーツを合わせた間に、チョンと接着剤の筆を置けば勝手に接着剤がパーツ間に流れて、接着跡が少なく接着されます。しかも速乾なのでバシバシ接着していけますDSC_3028.jpgDSC_3029.jpg▲パーツの加工や、ニッパーの切り残しのカットなど非常に活躍シーンが多いのがこのデザインナイフです。替え刃も売っていますDSC_3030.jpg▲ドリルです。プラモでは時に穴をあける指示が出てくる時があります。それに対応するために模型メーカー各社は、模型でよく使う径のドリル刃とセットにして販売したりしています。こちらはウェーブのHGワンタッチピンバイス。その名の通り、ドリル刃をワンタッチで交換できるので便利ですDSC_3031.jpg▲ヤスリです。ヤスリというと金属の棒状のものを思い浮かべる人が多いと思いますが、このように模型では金属やすりの他に、曲面になじむようにスポンジとやすりが一体になったものや、適度な反発があるスティック状の板にヤスリが付いたものなどがあり、これでパーツの形状を整えたりします
■いきなり組んでますね。途中はどうやんねん! って突っ込みはムーディーばりにめっちゃ受け流します。車両の中をシンプルに味わえるキットのようなのですが、箱に描かれてない人がいきなりいますね!DSC_3060.jpg▲初デートでやったら、一発ですっと距離を置かれる「あの手」の位置が最高にクール。こいつはワクワクするぜDSC_3059.jpg▲後ろから見ると、なんかめっちゃ叫んでませんか……DSC_3058.jpg▲確実に何かを伝えようとしている様子が腰の大きなひねりからも分かります。そして確実に車は止まっている。よそ見運転になっちゃいますしDSC_3056.jpgDSC_3054.jpg▲車両から床板を外せばもはやタイムマシン。戦場から解き放たれた遊びもできそうだなと変な妄想をしてしまいます。そんな妄想はさておき、これはトップのイラストを見てもらえば分かる通り、この車両から飛び出していく兵士に向かってゲキを飛ばしているんですね!「いってこいやーーー!!くらつけてこいや!!」とか聞こえてきそうですDSC_3061.jpg▲パタン。アニキが見えなくなりました。全く見えません……でも聞こえてきませんか? アニキのゲキが。ドライバーアニキがいないとそもそもお前はどうやって戦場にきたって?ってなりますよね。見えなくなっちゃうけど確実に重要なファクター。模型を作る人にワクワクを与えてくれるもの。それがこのドライバーアニキ
■ちょっと長くなりましたがいかがだったでしょうか? ハノマークD型ですが組みたて序盤ですでに面白すぎるプラモです。車両も難しいところ一切なし。すぐ形になります。ここからまたどのようなワクワクが待っているのか? 次の記事でお伝えできればと思います。続く……。
 
関連記事